姫路市のつだ歯科が運営する「はいしゃさんの保育園」

インフルエンザについて

だんだんと寒くなり、冬が近づいてきました❄️
今年は新型コロナウイルス感染症と併せてインフルエンザも流行の可能性が懸念されています。
インフルエンザについての資料を添付いたします。

はいしゃさんの保育園 病児保育室はインフルエンザの診断を受けた方も、医師の診察において利用可能と判断されれば、病児保育室のご利用は可能です😀
お気軽にご相談ください🌼
引き続き感染予防対策を行い、元気に冬を乗り越えましょう!

インフルエンザについて


病児保育のお知らせ

いつも病児保育をご利用いただき、また運営にご協力いただきありがとうございます🌱
人員が充足いたしましたので、10月より月曜日もご利用いただけることとなりました。

ご利用曜日・時間
月~金 8:30~17:30
土   9:00~18:00

 

今後もお子様・保護者様が安心してご利用いただけるよう努めて参ります。スタッフ一同皆様のご利用をお待ちしております。

ご不明な点がございましたら、保育園までご連絡ください。
連絡先:TEL📞0792-80-9900


紫外線対策

こんにちは!
子どもたちの笑顔を守りたい🌼

病児保育担当の看護師の廣野です。

 

今回は紫外線についてのお話🥸
皆さんは、紫外線対策をされていますか?
ここ最近では、天気予報内でも紫外線についての情報が流れるようになっていますね。

日焼け止めクリームを塗ったり、日傘やアームカバーを使用したりと、日焼け対策をされている方も多いかと思います。
お子様の日焼け対策はいかがですか?

「小さいうちは日光浴をさせた方がいい!」

「赤ちゃんのうちから紫外線対策を!」

と、様々な意見があり、悩まれている方もおられるかもしれません。
子どもは日焼けをしてもすぐに皮膚が再生し綺麗な肌になりますし、適度な紫外線は骨形成を助けたり皮膚の殺菌作用などメリットもあります💡


しかし、日に当たりすぎると紫外線が皮膚の細胞に多数の傷を与えるため、将来のシミ・シワの原因となったり皮膚がん発症のリスクが高くなるとも言われています💦
骨形成のためであれば、紫外線は1日10分程度で十分であり、子どもの頃からの紫外線対策は、大人になってからの皮膚の老化予防のためにも重要なことなのです⚠️

 

しかし、日に当たるのは良くないからといって、毎日1日中屋内で過ごすことはできません。子どもたちにとっての外遊びは全身を動かす大切な機会です✨


外で遊ぶ時は日陰や紫外線の少ない朝夕を選んだり、フラップ付きの帽子の着用、日焼け止めクリームを塗るなど、上手に紫外線対策を行いましょう💡ただ、子どもの皮膚は敏感でありクリームのべたつきを嫌がったり、日焼け止めクリームを塗ることで発疹が出ることもあります。刺激の少ない、お子様に合ったクリームを選ぶようにしましょう!


親子での紫外線対策だけでなく、熱中症にも十分に注意してこの夏を乗り越えたいですね😎🌴☀


熱中症

こんにちは!
子どもたちの笑顔を守りたい🌼

病児保育担当の看護師の廣野です。

 

日に日に暑くなってきており、夏が近づいてきましたね😎☀️

この時期に注意しなければならないのが、熱中症⚠️
熱中症とは、高温多湿の環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能がうまく働かず身体に熱がこもり、大量の発汗から突然汗が出なくなり、吐き気や倦怠感などの症状が現れる病態です。

症状としては、めまい・顔面紅潮・暑いのに汗が出ない・頭痛・吐き気や嘔吐・倦怠感・尿量減少・ぐったりしているなど。
ひどくなると、急激な体温上昇(40~42℃)・けいれん・意識障害・不規則な呼吸などを起こすこともあります。
突然気温が上昇した日や、梅雨時の蒸し暑い日など、身体が暑さに慣れてない時に起こりやすいので、今の時期から注意と対策が必要になってきます☝️

 

熱中症を予防するには、
⭐️暑さを避ける
室内の温度・湿度の調整をしたり、外遊びは午前中にするなど時間を選び、日陰を利用しましょう!
⭐️服装を工夫する
フラップ付きの帽子を着用しましょう。熱を吸収する黒色系の服装は避け、襟元にゆとりがあり通気性の良い服を切ると良いでしょう!
⭐️こまめに水分補給をする
活動の強度に関わらず、喉が乾いていなくても水分補給を勧めましょう!
⭐️急に暑くなった日は要注意
熱中症は梅雨入り前の5月頃から発生し、梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多発する傾向があります。
⭐️暑さに備えた身体作り
日頃から適度な外遊びをして、身体を暑さに慣らしていくと良いでしょう!

 

熱中症が疑われたら、
💡涼しい場所に移動し、楽な姿勢にしましょう!
💡衣服を緩め、身体を冷やしましょう!
後頭部や首、脇の下、そけい部を保冷剤で冷やしたり、皮膚を濡らして風を送ると効果があります。
💡水分・塩分補給をしましょう!
水や麦茶、経口補水液、乳幼児用イオン飲料などを少しずつ与えます。
💡全身観察、意識の確認をしましょう!
ぐったりしていたり、水分がとれない、体温が40℃を超えている、けいれんを起こしていたり、意識がないときは急いで受診するか救急車を呼びましょう。

年々暑さが酷くなっていますが、今年の夏も暑さに負けず元気に過ごせるといいですね✨


病児保育室について

いつも病児保育をご利用いただき、また運営にご協力いただきありがとうございます。

2022年4月より、人員体制の都合上月曜日を閉所させていただくことになりました。

※祝日がある週は月曜日ご利用いただけます。

ご利用曜日・時間

(火)~(金) 8:30~17:30(祝日がある週は月曜日利用可能)

(土) 9:00~18:00

しばらくの間大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

体制が整い次第、再度ご案内させていただきます。

ご不明な点等ございましたら、はいしゃさんの保育園までご連絡ください。